FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KINGS OF WAR!

はい。リベットウォーズ以来久しぶりの突然のゲーム紹介です。

キングスオブウォーは、イギリスのmantic社からリリースされている、ミニチュアゲーム界隈でFBと言えば、でお馴染みの、The Game of Fantasy Battleと銘打たれた、その名の通りファンタジー世界での大規模戦闘を遊ぶミニチュアゲームです。
(以前は別のゲームがFBと呼ばれていましたが、色々あって滅びました)

IMG_20160529_181714_641.jpg
ランク&ファイル──所謂隊列を組んだ部隊をトレイに乗せてひとつのユニットとして扱い、大部隊と大部隊がぶつかりあう戦場を再現するゲームでありながら、スカーミッシュ(小規模)ゲーム慣れした私でもすぐに馴染める簡単ルールと、初プレイでしっかり6ターン遊んでも2時間とかからないお手軽さを兼ね備えたとても良いゲームです。

KoWはここがいいぞ①
編成が簡単
例えば、通常の20mm角ベースの兵の場合、トループで10人(5人×2列、100×40mmトレイ)、レジメントで20人(5人×4列、100×80mmトレイ)、ホードで40人…とユニットの規模毎に人数、隊列とトレイサイズが決まっており……そしてここ大事なんですが、実はトレイに規定の人数が乗ってなくても、だいたい7割くらい乗ってればOKというおおらかなルールで、ちょっとくらいミニチュアが足りなくたって問題なし。……とは言え流石に、トレイサイズ合ってるからってゴブリンって書いた丸めたティッシュ乗せてたら友達なくすと思いますけども。

koWはここがいいぞ②
ダメージ処理がユニーク
KoWのユニットには、所謂ヒットポイントとかウーンズとかのこれだけダメージ受けたら死ぬぞ!値がありません。
代わりにあるのがNERVE値とNERVEテスト。KoWではダメージを受けてもユニット内の兵が減ったりはしないんですが、代わりに受けたダメージに2D6を足した値(NERVEテスト)がNERVE値(14/16などの形で表される)の最初の値を超えるとWavering─動揺してその場に留まってしまう、二番目の値を超えるとRout!─ユニットが壊滅してしまう、という、ユニットの士気のみをダメージの結果に反映して、ミニチュアを取り除いたり、ユニットの能力を修正したりとかそういう面倒な処理が一切ない手軽さがまたいいですね。

KoWはここがいいぞ③
入手性
はい、とりあえず ここ 見てください。KoW、コアルールと代表的な勢力の基本的なモデルデータ無料公開されてます。英語ですけど、すらすら読めなくてもルールとかデータとか眺めるの楽しくないですか?私は好きです。で、こう各勢力のリストがあるんですけども、実はmanticからリリースされてるミニチュアだと全然足りないんですよ。じゃあ彼らがゲームで使えないかっていうと、ここで登場するのが何故かKoWで使えるミニチュアをばんばんリリースしてくれている親切なサードパーティ、ゲームズワークショップ社です。あの、ご存知の方もいらっしゃると思うんですけれども、本屋とかボードゲーム屋とか模型屋の片隅でウォーハンマー名義で売られてるあれですね、KoWで使えます。

IMG_20160522_220428_585.jpg
……と、言うか、例えば私のサラマンダーアーミー、実はmanticからの公式ミニチュアがサラマンダープライムしか発売されてないんですが、ウォーハンマーのリザードマンを使うことで全解決ですよ…!むしろmantic公式ミニチュア買うよりそのへんで買えちゃう!
でもまあ、ウォーハンマーのミニチュア代用するのもいいですけども、そんな素敵なゲームを作ってくれたmantic社や、国内代理店のフュリアスグローリーにもお金を落としましょう。

あとたぶんKoWは、東京都は練馬区とか小金井市あたり、栃木県は宇都宮市あたりで割と遊べそうな予感がしますよ。興味がある方は是非ー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

tweet
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。